No119 「銀座の庭」にアイラトビカズラ使用

東京都中央区銀座5-3-1に「銀座ソニーパーク(Ginza Sony Park)」として平成30年8月9日オープン。

「ソニービル」をリニューアル、約707平米の三方開かれた地上部をオープン公園としている。東京五輪が開催される2020年秋までの期間運営される。

 

オープン公園の壁面緑化面にアイラトビカズラが採用されている。

 

ソニーパーク内で、目を引いたのは、フロアをよちよちと歩いているソニーの犬型ロボットaiboだ。このaiboには「スパーク」君という名前がつけられており、子供達ががなでると、嬉しそうに反応を示してワンと吠えていた。

*上部2枚の写真ソニーパークPR写真から引用。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です