No082 ららぽーとの甲子園アイラトビカズラ工法試作

アイラトビカズラ工法を使用した壁面緑化。

3年前の、2010年10月に空中プランターに6種類の植物による補植試験施工した。が、空中プランターでは容積が小さく3年間では、年々劣化し壁面全体を緑化することができず、再度地上からアイラトビカズラ工法壁面緑化システムにて試験施工を実施した。

施工日は、2013年6月28日ららぽーと甲子園ショッピングモール北側壁面緑化を、アイラトビカズラ工法による試作補修を2箇所で実施した。地上からの壁面高は13メートルで誘引設備は新設と既存設備を組み合わせ使用した。アイラトビカズラ苗は、圃場で長尺物に成長させた2.5 ~ 3.0メートルを下記写真のように植栽した。

2013_06_28_No1_植付日長尺2.5~3.5

2013/06/28間隔30cm

2013_06_28_No2_植付日長尺2.5~3.5

2013/06/28間隔25cm

 下記写真は4ヶ月経過した2013年10月3日に撮影、地植えの成長は1ヶ月で1.5メートル以上成長する、日当たりは半日照であるが目視ではあるが8メートル前後まで成長している。長尺アイラトビカズラ苗を使用すると、半年間でも13メートルの成長が見込める。年内には頂上に到達した写真を公開したいものである。

視察に訪れた、大阪府環境農林水産部環境環境農林水産課の職員の方々も、急成長するアイラトビカズラに感動されていた。

3ヶ月後No2

3ケ月後

3ヶ月後No1

3ケ月後

IMGP2442

3ケ月後成長高8.5メートル全景

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です